シャンプーの記事一覧

sirikon

巷ではノンシリコンシャンプーがブームになっていますが、ノンシリコンシャンプーって頭皮や薄毛改善にも効果的なのでしょうか?よくシャンプーのシリコンについては、メリット、デメリットについて凄い熱い議論がよく2chなどで行われています。

シリコンがなぜシャンプーによく入っているのか?というと、一時的にキューティクルを保護して潤いを持たせるためです。

髪の内部の水分をシリコンでコーティングすることで、髪の毛の脱水を防ぐ事ができるわけですね。

ちなみに、正式にはシリコンではなくシリコーンなんですよね。

シリコン危険派(ノンシリコン派)の言い分

  • シリコンは、髪の毛を過剰にコーティングしてしまうため、キューティクルのダメージに繋がり、髪の毛の内部の空洞化を引き起こしてスカスカの細い毛になってしまう。
  • シリコンは、枝毛や毛先に潤いのない髪質になり、抜け毛や薄毛、髪のダメージの原因にもなる。
  • シリコンの有無でパーマやヘアカラーの効果の違いはないらしいからシリコンは不要。
  • トリートメントなどではシリコンを使う事で長期的に見ると髪のダメージは元より悪化するケースが多い。

ノンシリコンシャンプーなんてただのステマ派(シリコン入り万歳)

  • ノンシリコンシャンプーの使用が原因で加齢臭が強くなった。
  • シリコンが毛穴につまることはないらしいからシリコンは安全でしょ!
  • 髪の傷み(ダメージ)がある場合は、むしろシリコン入りを使ってキューティクルをケアした方がいい!

シリコン=頭皮や髪に悪なの?

シリコン(シリコーン)というのは総称であり、その中には様々な化学物質が含まれています。油のような化学物質であり、プラスチックや豊胸など様々な用途で使われています。

代表的なシリコンは、ポリシリコンや少し構造が異なるセチルジメチコンシリコン、また、エーテル化したポリエーテル変性シリコンなどがあります。

コレ以外にもシャンプーに含まれているシリコンとしては、メチコン系、シロキサン系、シリル(シラン)系、アクリル(アクリレーツ)系、ポリクオタニウムのアクリル樹脂系などが使用されています。

 シャンプーだけでなく、トリートメント(リンス)や整髪料、パーマ(カラー)液にもシリコン系物質が含まれているのでノンシリコン派の方はご注意!

 

もしあなたがやっぱシリコンは気になるからノンシリコンの方が良いと思うなら、定番や人気のノンシリコンシャンプーをまとめてみたので参考にしてください。

ノンシリコンシャンプーの定番アイテムまとめ

 

 

ノンシリコンシャンプー

hohoba

人体の皮脂に一番近いと言われているのがホホバオイルらしいのです。

なので、シャンプーとかに使うと頭皮環境を正常な油分に整える事ができるみたいですよ。

なんか油で油を落とすって、油性マジックで書いた文字を再度油性マジックで上塗りすると消せるっていうのと似た裏ワザみたいな感じですよね^^

でも、このホホバオイルのマッサージなど美容業界とかでは有名な話っぽいです。

詳しくは、こちらのサイトに効果的なホホバオイルの育毛情報が掲載されています。

ホホバオイルで育毛発毛促進↓
http://d-angel.net/ikumou/ikumou.html

 以下の動画のように、こんな感じでホホバオイルを塗ってマッサージするのがポイントらしい!

ブランド商品でなくとも無印良品とかで比較的格安で購入できるみたいなので、
今後育毛に取り入れていこうかと考えています。

代わりにオーリーブオイルで代用できないのかな?と調べてみたら、、、
オリーブオイルはかなりホホバオイルと成分が違うみたいなのでダメみたいですね;;

発毛に関する動画