山中さんがノーベル賞を受賞したことで有名になったiPS細胞ですが、

この技術によって、薄毛治療、脱毛治療の技術が開発される可能性は高そうですね^^

発毛技術のイノベーションに凄く期待しています。

それまで何とか髪は現状維持は最低でもしたいものですね!!

 

AGA治療などの発毛にも期待されるiPS細胞ですが、それ以外でも、

昨年ニュースになっていた発毛技術も気になっています^^

 

幹細胞移植によって何度でも再生可能な髪の毛が生える器官の再現実験に

成功したことはご存知でしょうか?

 

毛の生えていないマウスに毛包を作る幹細胞を移植することで発毛し、

定着することに成功したらしいですよ!

 

しかも、世界的にも有名なジャーナルの「ネイチャー」にこの論文が通ったとの

ことで、この技術が世界的にも評価され認められたということです。

以下その時のニュースのレスです。

毛を生みだす器官の幹細胞を培養して皮膚に移植し、同じ太さや硬さの毛を何度も生え変わらせることに、東京理科大などのチームがマウスの実験で成功した。18日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。

毛は皮膚に無数にある「毛包(もうほう)」という器官で作られ、体表まで伸びる。毛が抜けても毛包があれば、同じ場所から生える。

辻孝・東京理科大教授(再生医工学)らのチームは、大人のマウスから毛包の幹細胞を採取して培養し、生まれつき体毛のないマウスの背中に移植し た。その結果、7割のマウスに3週間後に毛が生え、元のマウスと同様に3~5ミリまで伸びた。毛の硬さや縮れなどの特徴も同じだった。自然の毛のように、 周期的に生え変わった。

引用元:http://mainichi.jp/graph/2012/04/18/20120418k0000m040178000c/001.html

 

実際に、毛のないマウスの背中に剛毛が生えているのが分かりますね^^

引用元:http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120418102712916

 

初めて見るまでどうせちょっとした産毛の発毛なんだろうなとか

思っていましたが、この剛毛の発毛には正直驚愕しました(笑)

 

この技術ってマウスでは成功したのですが、ヒトとなると、

実際に技術が使われるまでにまだまだ時間はかかりそうですが、

全力で研究開発してもらいたいですね^^