病院で処方されている薄毛対策(AGA)のための薬に「プロペシア」がありますが、クリニックなどで処方される場合は月に1万円〜15,000円程度が値段の相場になっています。

値段が他の薬と違い高額な理由は、男性型脱毛症の治療は、保険適用されない病気として保険適用外となっているためです。

これが原因で自由診療となってしまうため、診療費やプロペシアの薬代が保険で割引されずに100%自己負担となるわけです。

もう一つプロペシアを手に入れる方法が、ネット通販なわけですが、最近話題になっている医薬品のネット販売の規制、自由化が問題となってきます。

最近のニュースによると、以下のように決定したようです。

ネット販売だけの営業を認めず、客と対面で販売する店舗も週30時間以上を目安に営業するよう求めるルールをまとめた。ネット販売業務は店舗内でのみ認め、購入者が来店できない場所に店を構えることも禁止する。

 

ただし、これは医薬品1類の薬に適用されるわけで、プロペシアなどは、1類などではなく医療用医薬品に分類されています。

そのため、基本的には医師の処方箋を元に手に入れる薬ということですが、個人輸入によって入手することが禁止されているわけではありません。

つまり、法的にはネット通販で格安でプロペシアを購入することは違法ではありませんが、薬の信頼性、安全性は全て自己責任になるということです。

もしプロペシアをネット通販で買う時には、口コミなどで信頼できるネットショップを使うようにしましょう。

 

当サイトでおすすめの安心かつ格安のプロペシア通販はこちらです。

プロペシア(アメリカ版)1mg